感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

みんなのテニス 感想

みんごるは1、3、4をこれでもかと言うくらいやり倒しました。てことでかなりのファンだった私は、みんてにの発売が決定されてから案の上気になる毎日を送っていました。買ったのはつい先日ですが。
結構しっかりCM打ってましたね。売れているんでしょうか。これが売れるとみんてに2とかシリーズ第三弾とかどかーんと波に乗って来そうな気配ですね(ビジネス的にね)。
人気シリーズの第二弾ですが、第一弾があれだけ売れただけに、別のスポーツとなるとまたちょっとむずかしさもあったんだろうと思います。


率直な感想としては、「簡単でとっつきやすいけどその分やりこみ感としては物足りない」、と言ったところでしょうか。

◎良い点
基本的にはみんごるのわかりやすさを踏襲しています。なんといってもボタン操作が非常に簡単。テニスのゲームって初代ファミコンの「テニス」しかやったことが無かったですが、操作についてはほとんど変わっていません。
また練習モードがゲームとして成り立っているので、みんごるの練習モードのようにひたすら一人で打ち続けるということはありません。楽しみながらレベルアップすることが出来ます。とはいってももともとそんなに難しいゲームではないので、たいていのスポーツゲームをやりなれている人であればいきなりチャレンジモードで始めても全く問題ないと思います。

ゲームの難易度としては、みんごるよりも慣れるまでが大変ですが一度慣れてしまえば割とすぐに神レベルまでいけます。みんごるで神になる苦労に比べればかなり短い時間で上がれます。計っていないのでわかりませんが、普通にやって10時間もあれば充分いけるんじゃないでしょうか。

実際のテニスで有効な戦略は基本的にゲーム中でも有効です。と言っても私は本格的にテニスをやっているわけではないので多くを語ることは出来ませんが(所謂ママさんテニスに毛の生えたレベルです)、例えばダブルスなら前衛・後衛それぞれの基本動作を知っていればすぐにゲームに生かされますし、前後左右への相手の振り方、フラットやスライス等の球種の使い方、守備範囲ぎりぎりの球の力の減衰加減、など、リアルを踏まえてなかなかバランスよく作られていると思います。


◎悪い点

・遠近感
最大の問題はボールの遠近感がいまいちつかみにくいと言うところ。特に奥側に自分のキャラがいるとき。これは致命的で、インパクトのタイミングがつかみにくかったり、なんでもない球を空振りする羽目になります。対人戦で交互にやる分には平等なので良いですけど、対COMでストイックにやりこむ場合には非常に腹立たしいです(いくら簡単とは言っても神は神なので)。もし2が出ることがあったら是非ともここは改善してもらいたいところです。

・練習モード
上記で良い点として練習モードがしっかりしている点を挙げましたが不満もあります。それは、練習メニューが一つしかないという点です。高レベル相手用に練習をしたくても、レベル1からしか始められないので非常に冗長です。しかもうまくないから練習するわけで、ちょっと続けて失敗するとまた1から始めなくてはいけないというのはちょっと不親切ですね。難易度やショット種類毎に練習メニューを選べるようにして欲しかったです。

・キャラ数
みんごるシリーズ(特に4)に比べて登場キャラクターが少ないです。コスチューム毎にレベルが違うため同じキャラで3周することになりますが、ちょっと手抜き感が感じられます。もしくはキャラの個性を出すためのネタが見つけられなかったか・・・

・コート
コートによる特性の違いを全く意識する必要がありません。ゲーム中ではコートごとにバウンドの高さと球の速さが5段階で分けられているんですが、実際に試合をしているとそれらを全く意識していなくとも何の問題もありません。というか、正直違いがよくわかりません。これは私が鈍いからでしょうか、それとも無意識のうちにアジャストしているんでしょうか。。。どちらにしろ、クリアするために意識する必要が無いパラメータなんて意味が無い様に思います。


◎総評
みんなシリーズの第二弾ということで、シリーズに共通する「わかりやすさ」を全力で体現しているゲームです。ゲーム初心者、テニス初心者ともに気軽に楽しめ、敷居の低さでは狙い通りのゲームになっていると思います。加えて簡単な操作性の中にテニスの持つ面白さと難しさ、戦略性をうまく表現できてきる点も高評価です。
ただしシステム面の不満が大きいこと、また敷居の低さと反比例してやりこむごとに作りこみの甘さが目立ってきてしまうという点がマイナス点ですね。ということで☆3.5つ。


◎余談
みんなのシリーズは今後どういう展開を考えているんでしょうかね。もうゴルフのようにもう何本かテニスを出すのか、それともまた別のスポーツに走るんでしょうか。個人的には今回のみんてにの課題をクリアした次版をもう一本くらい出してから、あまり長居せずに別のスポーツに行くのが良いと思いますね。どうもテニスというスポーツは、ゲームとしては残念ながらあまり深掘りできないのではないかという懸念があります(念のため言っておくと、これはテニスというスポーツの底が浅いと言っているわけでもちろんありません。「TVゲーム化」するにあたってどうか、ということについてごく個人的な意見を言っているだけです)。
なんにせよ、文句を言いながらももう暫くはみんてにをやる日々が続きそうです。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マリア様が見てる 感想その2

私が個人的にこの作品を好きになるあたって、そのポイントは大きく2点あるとおもっています。
・世界が平和であり且つ登場人物が非現実的なまでに清純である。
・登場人物の心理と行動がきちんと結びついている。

まずは1点目。
先日の感想で、この作品の世界は平和な世界だと言いましたが、自分は総じて平和な世界が好みのようです。よって突然の嵐のごとく乱入してきた瞳子などは心を乱す不穏分子として即刻抹殺したいところです。(全く平和ではありません
それは冗談としても、彼女(+乃梨子)の存在によって薔薇様方の日常に楔が打ち込まれることになっています。といっても乃梨子の方は結局は祥子様の手のひらで踊らされていたわけで、瞳子にしても祐巳が勝手に勘違いしていた、ということなんですが、それにしたってあの性格は確かに問題ありな感じです。
非現実世界における理想的人間関係の中において現実世界の嫌な面を存分に醸し出す瞳子。いやぁたまらない人にはたまらん(なにが?)のでしょうけど私は苦手です。この作品に変な現実感は不要です。

でも一貫教育でこういう環境に純正培養された娘たちが学校を卒業してから世間の荒波に揉まれ毒されていくと思うとお父さんは心配です。(誰が父よ?


そして2点目です。
行動(動機)に必然性があるというのは物語を見続けていく上で本当に重要な要素ですし、それは登場人物やその世界に感情移入できるか否かに直結すると私は考えます(おそらくそう考える方は多いと思います)。その点、この作品は各登場人物の気持ちや考えていることを、基本的に「台詞」によって説明してくれるため、それぞれの行動に対する心地よい納得感を得ることが出来ます。これはとても素晴らしいことだと思います。
ただ敢えて欲を言うならば、もう少し言外の表現(表情だったり情景だったり仕草だったり)による感情表現を使っても良かったんではないかなと思います。個人的な印象からすると、上でも書いているように「台詞」による解決が多いと感じます。エピソード自体はそれこそダイレクトに心と心の問題だったりするので、その解決も「心」を感じるもので持ってきて欲しいと。
脚本や作画とかいろいろ難しいこともあるのかもしれませんが、この作品の世界観からするとそういったところこそ重要視するべきで、繊細な心の動きを表現するのにふさわしい作品ではないかと思います。


特定のキャラが好きだからとか、この話が好きだから、とかそういうことではなく、それらが積み重なって成り立っているこの世界がとても好きです。(もちろんお気に入りのキャラはいますし、エピソードだって2ndの最終話「パラソル~」などは特に秀作だとおもいますけどね。)
前回も書きましたが11月にはOVAで3rdが始まるようなので、即借りの予定。もしかしたら原作(小説)も買ってしまうかも。てことで☆4.5つです。
※人前で見るのがちょっと恥ずかしいので0.5引いちゃいました^^;キャー

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マリア様が見てる 感想

なんかこう、ほのぼのと面白いという感じで、感覚としてはアリアを見たときに近いかな。
女の園って言うのはよくわかりませんが想像していたよりもずっと平和な世界です。もっとどろどろしたというか、少女マンガってあまり読んだこと無いですけどそれこそシンデレラの継母&お姉様みたいなひとが出てきてか弱い主人公をゲシゲシ、見たいなものを想像していたんですが、全く違いました。(爆
さすがマリア様の庭に集う乙女は違いますね。どこかの乙女とは大ちがry。


作画が回によってだいぶ変わっており、所々下手な回とかあったり、やけに動くときもあればあまり動きが無いとき、ギャグ顔が多いときなどいろいろなんですが、総じて違和感は無いです。ただ一点だけ、CM入りのジングル?(なんていうんですかね、あれ)時の背景があまりに手抜きで見るたびに落胆していました。。。


ライトノベルとはいえ原作が小説ということで、各話の内容はそれなりにしっかりしているように思います。伏線もきちんと回収してます(一部個人的には回収しすぎ(敢えて触れなくても良いのではと思う部分)も感じましたが。)まあそもそもエピソード自体がか弱い(というか些細というか・・)ものばかりなので絶対的な刺激感は少ないですが。逆にそういうところがこの作品が人気がある要因の一つなのかもしれません。


ところで実際女子高を卒業した人は本作を見てどう思うんですかね。いわゆるお嬢様学校を卒業した人と、そこまでではない(失礼?)女子高を卒業した人の意見をぜひ聞いて見たいですね。叶うことは無いと思いますが。


数年前の作品ですがこれからさらに続編が出るみたいです。間違いなくレンタルですが追っかけてみようかなと思う作品でした。


ちなみにまだ最後までは見ていません。現時点では1st:DVD1~6まで 2nd:DVD1~3まで。
3年生の薔薇様方が卒業されて、祐巳たちプティスールにも後輩が入ってきました。ここまでは2ndも回想話が多いですが、新入生もぱらぱら登場してきておりそろそろ新展開の予感です。

以上、フランス語の名称を覚えるのに一苦労の老人でした。ロサ・ギガンティア。。。

あ、言い忘れた。面白いです、これ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Fate/stay night 感想その2

DVDの5巻まで進みました。15/24ということで、中の下の中というところでしょうか。(なんですかそれは?)

まずは一言、「デレになったツンに用は無い。」(爆)
セイバーと士郎が急接近です。弱ったセイバーの表情が既にやばめです。そんな頬を赤らめられたらもうどうすればいいんでしょうか(なにを? てか、最初は裸を見られてもなんとも無かったセイバーが、結合(こらっ)後に服の胸が広めに開いていただけで恥じらいの表情ですよ。これはどういうことですか!?か、かわいいじゃないですか。Σ( ̄ロ ̄lll) 
用が無いのは俺のほうでした。


そしてもう一つ、悲しいお知らせが。
アーチャーが昇天されました (つд`)
最後の最後までむかつくまでのかっこよさ。狙っているとはいえ、むかつきます(そっちか)
しかしあまりにもあっけない(一週で死んでしまった、と言う意味で)&話の進み具合からすると早いなぁという印象です。あの場面での凛の判断は人間としては間違っていないと思いますが、マスターとしては残念な結果です。が、まあそれは当初からわかっていたことですし、見るからに冷たい凛があの場面で文字通り冷たくセイバーを見殺しにして撤退し始めたらそれこそマジ引きです。それはツンツンです。うちの嫁さんもツンツンです。。。or2


はじめはどうしようもなく使えない駄目駄目キャラの士郎でしたが、徐々にその能力の謎が明らかになっていきます。凛の授業の成果か、木の枝を自分の思ったものに変化させることが出来るようになっています。にもかかわらず無力・・・ところが次回予告ではなんとセイバーの持っていた剣を実体化(?)しているじゃありませんか!
アーチャーの助言や、夢で見た剣の場面などから想像するに、想像したことを対価無しに実体化する能力でも持っていそうな感じですが、「そのもの」という台詞からすると、なにかもっとデカイもののような気もします。

ここまでなんだかんだ言って身内の犠牲は最小限にとどまっていましたが、アーチャーの消滅を皮切りにいよいよ(視聴する側としても)犠牲への覚悟が必要になってくる展開になってきました。どうなることやら。

余談ですが、桜が久しく登場していません。完全に無関係なキャラってことですかね。主人公とは他人でありながらあまりにも親しい立場のキャラということで私の当初の勝手な予想としては、舞Himeの詩帆のような「実は・・・」的な展開もありうるかと思ったんですが、すでに圏外に置かれているようですね。
そういう意味では藤ねぇも同じような立場ではありましたが、この争いには被害者ということで既に関わっているので彼女に関してはこれ以上のサプライズはおそらくないだろうと思います。

目が離せません。次のDVDが送られてくることを楽しみに待っています。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Fate/stay night 感想その1

もともとはPCゲームが原作のアニメです。あいかわらずアニメからの情報しか持たない私なので詳しい生い立ちはこちらもしくはこちらから見ていただくとして(ネタバレがありそうなので私は見ていませんが・・・)、今回は9話までにアニメに出てきた情報のみで簡単な感想を書いてみます。


まずは作画についてですが、特に癖もなく見やすい絵だと思います。
細かいですが個人的には目の表情が乏しいような気がして普通であれば物足りなさを感じるところですが、本作に限って言えば魔術と言うちょっと不気味な世界を表現するのにむしろ一役かっているように思えます。


ストーリーですが、1話~4話くらいまででおおまかな本作の設定・世界観を理解できます。
いきなり始まる聖杯戦争や、割と普通に魔術師が存在する世界や、主人公の特異な生い立ちなど、台詞中に頻繁に「ゲーム」と言う言葉が登場するとおりその世界観は非常にファンタジックかつゲーム的です(そもそも元がゲームですからね)。
そのせいもあり物語の始まり方がちょっと強引な気がします。聖杯戦争があまりにも「いきなり」始まりすぎ。このあたりはゲームだったらたぶん許せんるんだろうけど、アニメとなるともう少し肉付け(動機付け)が欲しいところではあります、


主人公の、間違ってはいないんだけどちょっと不健全な正義感を柱として、聖杯戦争の目的(及び報酬)との矛盾とどう折り合いをつけ解決し、最終的に(たぶん)勝ち残っていくのかということが物語の本筋になっていくのでしょうか。
そして「助けると言うことは助けない人を選ぶ(だったかな?)」という言葉にあるように、主人公が少しずつ現実を見れるようになり、人間として成長していく様子を描いていく、というのが私の淡い予想ですが違いますかそうですか。


世界観さえ納得できれば魔術師&サーバントの関係も理解しやすく、比較的オーソドックスでそれなりに上質な匂いがします。いろいろなところで評判は良いようなのでこの感じはおそらく間違いではないのでしょう。
そういえば魔法とか出てくるアニメって実は見たことが無いことに今気がつきました。ゲームでは極めてありふれていますが、アニメは私の嗜好的にはどちらかと言うとSFチックなものが多いようです。


キャラクター一人ひとりの性格がわかりやすく、それぞれの行動への動機がわかりやすいためとても軽快に見ることが出来ます。もちろんまだ明かされていない謎や未登場のキャラクターもたくさんいるはずですが、この分だとストレスを感じることなく見続けることが出来そうです。


で、とりあえずあれです、セイバーもしくは凛もしくは両方を目当てに見るっていうのもある意味正解かと(ぉ
あれはいわゆるツンデレっていうやつなんですかね。どうなんでしょうかツンデレ好きの方々??いや、私は好きですけど(爆)


そういえば7話?の中で、凛との昼休みの待ち合わせを四郎がすっぽかした場面で、凛が怒るだろうな~あーやっぱり怒ったwってニヤけていたら、ちょうど嫁さんが帰ってきて私の顔を見るなり「キモイ!」・・・orz
いや、確かに帰ってくるなり旦那がアニメ見てニヤけていたらキモイには違いないですけどね。べ、べつに凛さまに見とれてニヤけてた訳じゃないんだからっ!(キャラ違っ


余談ですが、本作を初めてみたとき、PSのゲーム「ヴァルキリープロファイル」を思い出しました。サーバントと言う言葉もそうですが、セイバーがヴァルキリーに見えてしょうがない。役割は全く逆ですけどね。


ということで、続きを楽しみにしたいと思います。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。