感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

蒼穹のファフナー感想

さて、とてもいまさらな感想ばかりを並べ立てようというこのブログですが、今回は「蒼穹のファフナー」です。実はこの物語についての私の予備知識はゼロです(ぉぃ
あるところに、エウレカセブン関連のブログをたくさん見あさっていたときに見つけそれ以来ずっと(といってもまだ一ヶ月程度ですが・・)見させていただいているブログさんがありまして、その管理人さん一押しの作品がこの「蒼穹のファフナー」なのですね。んで、エウレカの感想を書きつつもちょくちょくこの作品との共通点というか、良い作品なんだー的なことを仰られていたのでこれは見ないわけにはいかんだろうということで早速DVDを借りてきてみております。

ということで、今後どうなるかはわかりませんがまずは一話から感想を書いてみようではありませんか。
ちなみに上記のとおり本作品に関する私の予備知識はゼロです。知っている情報は12話から怒涛の展開で格段に面白くなるということだけ(なんじゃそりゃ
ロボモノなのか学園モノなのかすら知りません。といって今オフィシャルを見てもきっとネタバレばかりで面白くないだろうということで、ファフナーについては作品中に語られる情報のみで見進めて行きたいと思います。(今更こんなことしているのきっと日本中で私だけでしょうね。。。)
ということで早速いってみましょう。


蒼穹のファフナー第一話 楽園

えー、まずはロボモノだという事がわかりました(それだけかよ・・
それと若干学園モノの匂いも。
はっきり言って何がなんだかまったくわからず。ちょっとエバっぽい香りがそこかしこにしていましたがどうなんでしょうか。これ以上何を思えと?(・・・

ま、まあ気を取り直して。
まずはこの話のキーとなるであろう台詞「あなたはそこにいますか」。
冒頭いきなり聞こえ、その後も何度か出てくるこの台詞、女性の声ですが誰の言葉でどういう意味なんでしょうね。今後26話を見ていく中でどうつながっていくのか、何が明かされるのか楽しみです。

一話を見てちゃんと感想として思ったことといえば、音楽が素晴らしいということです。
オーケストラ中心の音楽がなかなかいい感じです。
それとキャラクターデザイン(平井久司さんですか)は特に好きでも嫌いでもないんですが作画が綺麗ですね。CGとの相性も良さそうだし。それだけで続けて見ようという気になるのでやはり重要ですよね。

いきなりバトル画面から入ります。なんか金色のあれは・・使徒ですか?
アルビスって・・・何??ていうか、なんかその使徒みたいなヤツにバシバシやられているんですけど・・・無力、あまりに無力(な流川・・・
第一話からあっさり人が殺されていきます。なんだかなぁ。ファフナーは本当にあんなのと戦うことができるのでしょうか。登場したは良いがなにもできず、結局ぼうそ・(ぉぃ
まあソウシ君の親父が「巨人を覚醒させるしかない」と言っているあたり、きっと俺TUEEEEとばかりに倒してくれるんでしょう。と、何もまとまりなく感想らしい感想も書けなかった第一話ですが、まだまだわからないことだらけなのでそれに対する説明もあるだろうから当分は物語の進展というよりは環境の整理といった話が進んでいくものと思われます。そしてその中でいくつか伏線が張られ、後半怒涛の展開を見せる、という流れになるのだと思います。彼らはいったい何と戦っているのか、何のために戦っているのか、今後明らかになるであろう物語のストーリーと、それらによって語られるこの作品のテーマは何なのか、そういうところを注目して見て行きたいと思います。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<蒼穹のファフナー第二話 告知-いのち- | HOME | オーバーマン キングゲイナー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。