感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エウレカセブン第10話 ハイアー・ザン・ザ・サン 感想

第1クールもだいぶ大詰めに近づいてきて、主要キャラクターの過去も少しずつ明らかになってきています。特に前回9話ではヒロインエウレカの過去が明らかになる重要な回でした。今回は直接的には別のエピソードではありますが、描写の対象となっているホランドの過去という意味では前回の内容が大きく関係しているお話です。

さて本題。今回は物語の時系列ではなく登場人物別に書いてみました。

●レントンとエウレカ
今回の主役はホランドなので、レントンとエウレカ(てか主にレントンですが)はスパイス的なギャグキャラになっています。

めでたく与えられた部屋の片づけをするレントン。そしてアイロン掛けのお約束。それにしても見事な大穴ですな。しかしレントン君、なぜレジに隠すんだーーーお前どういう思考回路してんだろうか、理解不能。そしてあっさり見つかってますwまぁその場で捨てられてしまっているし怒られているようではないので良かったですね。

弾道飛行!!久しぶりのスーパーカー!!いいねっ!この音楽ばっちりです。クルー一人ひとりが発進に向けて淡々と作業をこなしていくバックにこの音楽、もうワクワク感マックスって感じです。
ホランドの
「ハイアー・ザン・ザ・サーン!!」
すげー楽しそうな顔!

そしてゲロを我慢したレントンが発した、レントン名言集トップファイブに入るこの台詞
「無重力、万歳!」(本当は回想台詞ですが。)
爆笑ですwww

「だってほら、、、今日は、、、無重量万歳だから*^^*」
「そう。良かったわね。」(真顔)
どかーーん。そんな返しですかエウレカさん。このやりとり超面白い。レントンが何言っているのかわけわかってないからの言葉でしょうが(てか、普通に意味不明だしw)、若干怒り気味なエウレカと何かモジモジしているレントンとの妙なすれ違い方がツボです。

それにしてもレントン君が盛りまくってます。手をつなぐだけならまだしも、キスしようとしていますよ!これは由々しき事態(なにがやねん

「ばらしちゃえよ~・・・」
ガツン!!これめちゃくちゃ痛そう;;ぜってー血出るよこんなぶつけかたしたら。
「だって、君のためだから・・」
それ、頭ぶつけたのと関係ないじゃんw

●ホランドとタルホ
過去に犯した罪の意識から、昔の自分に撃ち殺される夢で目覚めたホランド。このとき、ティプトリーおばさんからもらった小瓶に手をかけますが、何をしようとしたんでしょうか。小瓶の液体の色が、このシーンの中で怖いくらいに明るく鮮やかに描かれているのがとても気になります。

ベッドでレントンの寝言を言う裸タルホさん、はは、やはりそういう関係ですよねwそしてタルホさんお尻丸見えですΣ(゜□゜;

それにしても、ホランドの様子がちょっとおかしいです。いやな夢を見たから、タルホがレントンの寝言を言ったから(?)、それもあると思いますが、弾道飛行をやると決めたホランドを見ているタルホの視線も何かおかしいし、何かあるんだろうなぁと思っていると。。。

「忘れてぇよ。あの日も、あの場所も、何もかも全部・・・」
あの日、あの場所とはきっとヴォダラク殲滅作戦の日のことだと思います。が、タルホさんからも逃げたいというのはどういうことでしょうか。
あ、そうか、ヴォダラク殲滅作戦、ホランドの軍抜け、マナーキ基地でのタルホ強奪(ぉ)は時系列的に言うとほぼ同時期なわけですね。だから、夢で見たこと、忘れたい過去、とマナーキ基地、タルホというのが思い出したくない思い出としてリンクされちゃっていると言うことでしょうかね。だからホランドの「忘れさせてくれよ」という言葉は、リンクされている思い出のうちのタルホに関わる「良い」思い出を強化することで、悪い思い出を逆にいやな過去ではないものとして記憶に残させてくれ、ということかな。
9話の冒頭でティプトリーおばさんが言っていたこと
「何か、あなた方にとって辛い選択をさせてしまったみたいだから」
は、まさにその通りだったんですね。9話ではエウレカにとってのヴォダラク殲滅作戦の意味を描いていましたが、10話ではホランドにとっての作戦の意味、与えた影響を描いています。そのことを象徴するのが冒頭のホランドが見た夢なんです。

それにしても、前回もそうでしたがホランドの子供っぽいところが現れ始めていますね。アンダーグラウンド界のカリスマも、たくさんの苦悩を抱えていると?「忘れさせてくれよ」っていう台詞も、ちょっとかっこ悪いし。


●デューイとアネモネとドミニク
デューイが動き出そうとしていますが、その前にアネモネ登場。そしていきなり鼻血。割と地味なシーンにもかかわらず何度見ても非常にインパクトのある登場ですね。殴られたドミニクも相当痛そうだし。むしろドミニクが鼻血ですよ。

デューイ側の話とかはリアルタイムで見ていたらいろいろ予想とかして相当面白かったと思いますが、既に先を知っている私にとっては現時点でさほど面白みにかけますので、たぶん今後もコメントとしてはあっさりと流していくと思います。ただし、個々のキャラクターの内面に対する考察は、エウレカ側と同様思ったことは書いていきたいなと思っています。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<青の6号 感想 | HOME | エウレカセブン第9話 感想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。