感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シャングリ・ラ 1話感想

実は原作(文庫版)を今読んでいる最中です。現在第5章あたり。


原作と比べるとアニメの國子はずいぶん親しみやすいキャラクターになっていますね。原作だともっとカリスマ性の強いキャラですし、実は連載時の挿絵を吉田健一氏が書かれているんですよ(文庫版には挿絵が無いのが残念です)。私としてはその印象が非常に強いため、ピンクのショートヘアかつ若干丸みを帯びた体型には最初違和感がありましたが。ま、慣れるものですな。


ただ一番最初の出所のシーンは、もう少しうまく表現できなかったかなーと思います。原作知らない方、看守が何に驚いているのかわかりにくくなかったですか?私はわかりませんでしたw
ここは國子のカリスマ性を印象付ける最初のシーンなので、バシッと決めてほしかったですね。


アクションシーンは結構動きがあり、面白く仕上がっていると思います。さっそくブーメランによる戦闘シーンがありましたが、原作より小ぶりなものを使いつつも、スピード感のあるアクションシーンとなっていました。


細かいことを言うとガソリンRV車がホバークラフトになっていたり、草薙が思いのほか若い(これで少佐!)かったり、美那様が白髪だったりと、ところどころ違和感がありますが、原作を読み進めつつ、比較しながら見ていこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ:シャングリ・ラ - ジャンル:アニメ・コミック

感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。