感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CLANNAD after story 16話 感想 

ついにこの時が来てしまいましたか。。
なぎさぁーーーーーー   ・゜゜・(>_<;)・゜゜・。


やっぱり前話での「約束」が示唆していたのはこういう結果なんですよね。始まったときからわかっていた結末であっても、いざそれが来てしまうと本当に胸が痛い。せっかく無事に汐ちゃんが生まれたのに、それと命を入れ替えるように逝ってしまうとは・・・


ただ、死ぬ前に一度だけでも汐の顔を見ることが出来たのは(ほんのわずかですが)唯一の救いだったのではないでしょうか。


そして朋也が精神的にかなり参り始めているのがわかります。出産前の早苗さんへの言い方がすでに怪しい方向に行っていましたが、渚が体調を崩しているということだけでも自分の人生を全否してしまっています。

この考え方はやっぱり危ない。これでは渚と一緒にすごしてきた数年間も否定することになるわけで、そうなると生まれてきた汐さえも否定してしまいかねない。そもそも渚は朋也と出会ったこと、汐を生んだことを決して後悔していないはずです。それなのに朋也自身がこのような考え方をしてしまっては、せっかくの残された希望である汐が・・・


ここにいたるまでの日々の苦労、目の前で繰り広げられた長時間にわたる難しい出産と、その後の渚の死。その精神的ダメージは計り知れない(もし自分が同じ立場になったらと思うと、本当に涙が止まりません。それこそ自分の人生そのものを呪ってしまうんじゃないかと思います。)


でも、どこかで朋也を引き上げるきっかけが絶対にあるはずで、それはきっと渚と生きた証である汐その人であって欲しいなと期待するわけです。



あー本当にメンタルバッテリーを消耗する作品ですなぁ!でも目が離せない。くぅ~><;
スポンサーサイト

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

CLANNAD | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。