感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ベクシル 2077年 日本鎖国  感想

ちょうど一年ほど前に公開されたCGアニメーション映画の作品です。
絵的になんとなく似ていると思ったら、監督の曽利氏はアップルシードのプロデューサなんですね。3DフルCGアニメ系としては相変わらずきれいですが、アップルシードを見たときほどの感動はありません。いや、慣れって本当に怖いわぁ。


ストーリー的な観点から見ると、非常にオーソドックスなSFという感じがして、CGバリバリの絵ともマッチングがよく、うまい具合に仕上がっていると思います。ただ、じゃあ面白かったかといわれると、正直「うーん」と答えてしまう要素を感じてしまいました。

以下少し記述してみます。


●舞台
物理的にも情報的にも完全鎖国した近未来の日本が舞台です。資源はどうしていたのだろう、という疑問はさておき、なかなか非現実感たっぷりながらもシチュエーションとしては面白いと思います。そして鎖国下の日本がどうなっているかということをぎりぎりまで明かさずに・・・開けてびっくり玉手箱!「えーー!これが日本ですか?!」と。この辺の持って行き方は視聴者の興味を上手く惹きつけられており、手法としてオーソドックスとはいえ、とても好感が持てます。


●キャラクター
主人公であるベクシル自身には、どちらかというと考えるより走り出すタイプという設定はあるものの、はっきり言って大したキャラクター設定は無いです(爆)むしろその恋人であるレオンのほうが、本編に絡む過去があり重要な役割を果たすことになります。まあ週刊物のアニメではないので濃いキャラクターにする必要も無いと言えば無いのですがね。どちらかといえば悪役であるサイトウのほうが面白みがあります。いろいろと。


●ストーリー
最大の敗因(!)はここですね。本筋は、自己陶酔型の悪者が日本を食い物にし、それを主人公が日本の反抗勢力と協力して退治する、という単純なお話です。鎖国後の日本がどうなっているかというところに全注意が傾けられる形となるので、逆にストーリー的なギミックは何も無く非常にわかりやすい話で、個人的にはここをもう少しひねったほうが良かったのではないかと思います。シチュエーションの面白さと絵的な美しさに全てを費やされてしまった感じがします。見ている方としては確かにそれらも大切ですが、ストーリーこそ物語を鑑賞する上での肝ですから、この辺りにもっと力を入れるべきだったと思います。たとえば攻殻機動隊SSSなんかと比較すると、圧倒的にストーリーのクオリティが劣っているように感じてしまいます(もちろん個人差も大きいと思いますが)。


公開中は非常に興味があって、めったに行かない映画館に見に行こうかとも考えた作品でしたが、行かなくて正解だったような気がします--;


ということで、☆2です。


ベクシル 2077 日本鎖国【Blu-rayDisc Video】
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。