感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ピアノの森

原作はモーニングで不定期連載(現在は休載中?)されている漫画で、天賦の才を持った主人公:カイがピアニストになるまでを描いた物語です。劇場版では最初に本格的にピアノを始めるエピソードが描かれています。


<あらすじ>
まるでピアニストと縁がないような特殊な環境で育ちながらも、たまたま捨ててあったピアノによって人に感動を与える演奏者としての才能を磨いてきた主人公が、幼少のころからピアノの英才教育を受けてきた雨宮と出会ったことで、かつて天才ピアニストとして一世を風靡した阿字野のもとで本格的にピアノを始める、コンクールに出場した。結果は予選敗退であったが、その演奏は聴衆の心に響く素晴らしい演奏であった。



長い物語のほんのプロローグ的な部分でしかないところですが、映画の尺の中で上手くまとめてある作品だと思います。ストーリーは原作どおりなんでしょうが、台詞回しも問題ありませんし、ビジュアル的な点においても綺麗に表現されています。

ただ、メインキャストの声優である上戸彩や神木隆之介については、正直あまり良くないですね。私は有名な俳優、女優を(主に話題づくりのために)声優として起用するのは嫌いですし、それが(興行としてはともかく)作品としてのクオリティを下げるようなものであればなおさら気に入らないタチなので、この点だけは減点せざるを得ません。

ただ、せっかく主題歌を松下奈緒が歌も演奏もしているのだから、上の話は別にしてもキャストとして出してあげても良かったんじゃない?とは思いましたが。とか思って何気なく調べていたら、松下さんはこの曲で歌手でビューだったんですね。



全体として特につまらないわけでもないですが、何が何でも見ろというほどの面白い作品でもありませんし、長い作品のプロローグ的なエピソードでもある以上、劇場版でお金を払ってみる程のことはないかなと思いました。DVDで見るには充分面白いですけどね。

ということで☆2.5です。
スポンサーサイト
感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。