感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

実写版蟲師

劇場公開からずいぶん時間が経ちましたが、やっと実写版蟲師を見ました。

※私はアニメしか知りませんので、原作/オリジナルの区別はアニメで描かれているかどうかが基本になります。もしかしたら、本記事にてオリジナルとして記述している部分の中で漫画原作では描かれている部分があるかもしれませんが、その点ご容赦ください。


このブログでも何度も書いておりますが、私はこの蟲師という作品が大好きです。どれくらい好きかは過去の記事を見ていただくとして、まあそれなり(かなり)の期待を持って見てみたわけです。。。

ところがぎっちょん何ですかこれは。全く面白くない。もうびっくりするくらいに。何でこんなになっちゃったのよ><;公開直後のいろいろなレビューを見るに結構評判は悪かったので、期待の中にもある程度の覚悟はしていたものの、その覚悟をものの見事に凌駕していってくれました。

原作(といってもアニメだけですが)を知っている人間から見てもこの反応です。知らない人が、たとえばオダギリジョーや蒼井優目当てにみた人なんかはもうそれこそ理解不能でしょうね。いや逆にそういう人はストーリーを理解する必要もないのか。

どうなんですかね。無理やり分析をしてみると、とりあえず脚本がダメダメだったという印象です。
ギンコの過去からつながる原作にも描かれていない先を描こうとした方向性や、ヌエが生きていたという設定など、ネタとしては悪くないチョイスだったはずです。(※くどうようですが、漫画の原作には描かれているのかもしれません。)実際、前半原作をほぼそのまま描いていたところから、新しい物語(原作に無いところ)に移っていくあたりでは「おw」と(一瞬ですが)思ったのも事実です。
ただ、原作に出てくる部分はあまりに原作どおり過ぎ、オリジナルの部分はあまりにも原作の世界観から逸脱していると感じたため、作品として統一感を感じることが出来ませんでした。原作のいろんな話をつなぎ合わせてさらにオリジナル要素も追加したんだけど欲張りすぎてどうにもならなかったという感じでしょうか。

個人的にもっとも違和感があったのはヌエですね。ビジュアルも非常に恐ろしかったですが(まるでホラー映画のようでした;;あれはやりすぎでしょ)、もっと孤高の存在であって欲しかったです。生きていたという設定はいいのですが、あんなにギンコ(ヨキ)に媚びられても・・・そんなキャラでしたっけ?


その他、ギンコが鬱になるところや鬱になってから回復した理由、淡幽の封印がとかれてしまったこととヌエの昔話及びギンコの過去との関係性、ヌエがあんなにも変わってしまった理由など、回答が無いことばかりのまま終わってしまいました。前半の、蟲師としての生業を説明していると思われる部分をもう少し短くしてでも、そのあたりの回答を(全部とは言わないまでも)もう少し与えてくれても良かったとになぁと感じました。


ビジュアル的な点についてですが、蟲の表現に関しては全般的にそんなに悪くなかったのではないかと思います。唯一、ヌエとヨキがトコヤミとギンコに飲み込まれるところ(?)の二人のやり取りの場面、あそこは非常に冗長で、台詞もいけていなくてどうしようかと思いました(忠実に原作どおりといえばそうなのかもしれません(記憶曖昧)が、実写での表現としては明らかに退屈かつ意味不明。)


比較的間口は広い(と自分では思っている)私ですら、はっきりと面白くなかったと言えてしまう数少ない作品でした。大好きな蟲師という作品に対して申し訳ないですが、☆1です。

スポンサーサイト
感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。