感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マルドゥックスクランブル 感想その2

マルドゥック・スクランブル、一気に読み終えました。

本当にあっという間に読めます。それは内容が薄いということではなく、単に早く次が読みたいと言う欲求によるものです。

噂に聞いたとおり、まるまる一巻分もの分量で描かれているカジノシーンはなかなかに読み応えのあるものでしたが、それとは別に私が気に入ったポイントを2点挙げてみます。


・スピード感
映画を見ているようなスピード感です。それも並大抵の映画ではなく、ハリウッドの超一流の(莫大な予算をかけた)アクション映画のそれです。戦闘シーンはこの物語の中で非常に重要な地位を占めていますが、その描かれ方が尋常ではない!私が一巻を読んだ段階でこの作品の虜になった要因は、ひとえにこの圧倒的なスピード感によるものでした。


・詳細な描写
これでもかと言うくらい細密に語られるディテール部分が素晴らしい。街の景観から戦闘シーン、キャラクターの心理(及び思考)状態に至るまで、本当に細かく、かつ無駄なく描かれているところがとても良いです。(ただ、ところどころにある暴力的な描写では、細かいところがちょっときつ過ぎると感じる部分もありますが。)
逆にそれのよさが際立っていたのがやはりカジノシーンです。この間のキャラの思考や心理の描写はとても細かく、それが故にそれぞれのやり取りに(活字にもかかわらず)片時も目が離せないほど釘付けになります。

また上述の戦闘シーンのスピード感を演出する要因の一つにも、この詳細描写が生きています。単に物事の物理的な状況のみを伝えるだけでなく、圧倒的な情報量(特にバロットの頭・皮膚・心の中で行われている「感覚」、詳細な情報分析、感情、思考など)により物語中の単位時間あたりにおける読者側の思考量を増やすことで、絶妙な駆け引きを描くと同時に、局面の移り変わりの速さを感じさせることに成功していると思います。




ほかにもいろんなことが思い出されるんですがぜんぜんまとめることができません・・orz 己の文才の無さにいまさらながら辟易です。とりあえずあとひとつ言いたいことは、ベル・ウィングかっこよすぎ。彼女がいなかったらラストは全く違うものになっていたんではないかと思うくらい、最高の脇役でした。



一部いまいちだと思ったのは、何箇所かにある物事の「在り方」的なことを抽象的に述べ連ねているところです(それはどこですか?)。こういう表現は嫌いではないんですが、書き方が少しくど過ぎるというか、つまり何を言っているのかわからない(己の理解力の無さを作者に押し付けているだけでしたどうもすいません
一瞬間をおきたいがためにあるのだということはわかりますが、必要以上に物語の流れを止めてほしくないなと思いました。


総合評価:☆4.5


これは俄然アニメにも期待してしまいますねー。がっかりさせないでくれーぃ、GONZOさん。

スポンサーサイト
感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

蒼穹のファフナー 16話まで感想

最近新しい作品がうまく借りられなくて(レンタル中などで)どうしようかと思っていたら、雰囲気重くて見るのがつらくPCに保存したままほったらかしてたファフナーがあることに気づき、視聴を再開しました。以前は面白いと聞いていたせいもありとてもじっくりと画面にかぶりついて見ていたんですが(それもどうかと)、また重いのはいやだなあという思いもあり、料理でもしながら数話連続でサクサクとみようということで一気に16話まで進みました。


あれ、ちょっと雰囲気が変わってきた気が・・・てか、なんか面白くなってきた気がするのですが気のせいでしょうか。一気に見たことをちょっと後悔。少しずつ感想書きながら進んでいったらもっとじっくり楽しめたろうにと。



●情報開示

世界観というより世界情勢がかなり見えてきたことによって、竜宮島のおかれている状況が明確になり、今までよくわからなかった(というか不自然に感じた)戦いの状況やその割に平和な竜宮島や竜宮島とそれ以外の人類との関係が納得することが出来るようになりました。
#モルドバ基地って聞いて「を!」と思ったんですが、ちょっと前に流行った「マイアヒ~」を歌っているOZONの出身国ですよね、たしか。こんなところででてくるとは驚き!


登場人物としては人類軍のほかに竜宮島を出た人々が出てきました。
特に、先生たちが一騎たちの世代を<造る>ための実験だった(結果的に、だと思いますが)というのは少しショッキング。つまり竜宮島の子供たちは、人類がフェストゥムに対抗するために意図的に特殊な能力を持つように造られた人間ということです。いわば、人造人間!(ちょっと違


あと、少し意外というか勘違いをしていたのは、世界的に見てファフナーという兵器は思った以上にたくさんあるものなんだということ。マークエルフはちょっと特別っぽいですがそれ以外はわりとごろごろでてきますし、竜宮島にもまだまだ何機かあるみたいなので、位置づけとしては戦車みたいなもんなんですかね。人型ロボなんで、某汎用人型決戦兵器のように世界に数機しかないのかと勝手に思い込んでいました。


●あなたはそこにいますか

なんといっても作中いたるところで出てくる「あなたはそこにいますか?」という問いかけに対して、それぞれが答えを出す、そしてその答えに至るまでの過程が描かれているというのが良いですね。真矢が「わたしはここにいるよ」って言ったとき、おぉぉぉーーここでこう来るのかぁーーと一人もだえました(食器を洗いながら。)

自分の存在価値はなんなのか、自分の居場所はどこなのか、という自問自答。
前の感想で「あなたはそこにいますか」という問いの真意をつかみかねていたんですが、思ったよりもストレートな意味でした。そしてそれへの回答もこれ以上無いくらいストレート。ここのやり取りというか、答えに至るまでのいろいろな思考とかがそれぞれの独白めいた台詞によってきちんと語られているという点がとても良い。それによって感情移入出来るようになり、キャラが自分なりの答えを出せた時、キャラと同じように自分も清清しい気分になります。


やはり後半から面白いという巷の噂は正しかったみたいですネ。この先もとても楽しみです。

感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マルドゥック・スクランブル 感想その1

三年半ぶりの続編がまさに今刊行されている(一週間おきに3巻)本シリーズですが、私が知ったのは相変わらずつい最近です。私が日参しているこちらのブログでお勧めされていたのを読んで知り、近日アニメ化されるということでぜひ原作を読んでおきたい(私自身こう思うことは非常に稀なんですが)ということで早速1巻を買ってみました。

やばい、面白い!
一気に世界に引き込む描写力、とてつもないスピード感、そしてなにより自分とは何者なのかというおよそ生きている人間すべてが一度は持つであろう疑問に対するさまざまな形でのレスポンス。そのどれもが一瞬複雑な様相を見せつつも実際は思いのほかストレートに交換されていく。

筆者の冲方 丁(うぶかた とう)さんは蒼穹のファフナーの後半部の脚本をされていたということですが、私はつい先日この後半部に入りかけのところを見たところです(感想はまだここには載せていないですが)。その感想でも書くことになりますが、自己アイデンティティに対する疑問や不安をとてもストレートにぶつけてくる人なんだなぁと言う印象を持っていたんですね。
で、今日読んだこの「マルドゥック・スクランブル」。
あーやっぱりこれが冲方さんのカラーなんだなーと妙に納得していると同時に、この人の作品に出会えてよかったなと思っているところです。とか言ってもまだまだ私は冲方さん素人ですが。

もちろん2巻以降は即買いですが、それ以外にもこの人の作品はぜひともチェックしたいですね。
感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ストラトスフォー感想  最終話を前に

初めてこの作品の感想を書くのに題名が「最終話を前に」っていうあたり、己の愚かさと世のはかなさを感じます(なにが?
本作は2003年から始まっていますが、2になってからOVAになったこともあり最終話はつい先日リリースされたばかりです。こんなタイムリーな作品は本ブログの趣旨から若干外れますが良いでしょうか(爆)

実は数ヶ月前から少しずつ見進めていた本作ですが、登場人物が少なく、非常にシンプルな作品です。ギャグアニメというわけではないんですが、何も考えないで見てそれなりに楽しめる作品です。てか、そもそも考察をするようなネタはそう多くはありません。地球外生命体の襲来(?)を一本の軸としつつ、基本的にはどたばたの日常を登場人物の心情を交えながら描いている、といった感じで進んでいきます。
2の後半になってすこしミステリアスな部分が頭をもたげてきますがあいかわらずどうも主軸がそこにおかれている感じがしません。


主人公はパイロットなので飛行機に乗る描写が多いですが、戦闘機ものというわけでもないのでいわゆる手に汗握る白熱した戦闘シーンてのは出てきません。落下してくる隕石を打ち落とすことを使命としており、題材としてはバリバリSFで、結構シリアスな話のはずなのにあまりシリアス感は感じられません。むしろそんなことはどうでもよいような気さえしてきます。つまりそこ=SFがこの作品の魅力では無いんだと私は思います。じゃあ何がこの作品の魅力なのかというと、良くも悪くも「普通」な作品だというところではないでしょうか。なので特筆するようなことがなく面白いのかどうかも疑問なんですがなぜか見ている自分がいます。
ただ、見続けるのが苦痛と思えるような作品も中にはありますから、そういう意味では本当に気楽に見ることが出来るので絵が嫌いでなければ見て損はしないと思います。

敢えて何かを感じ取るとしたら「友情」ですかね。
そういう点ではなかなかに熱い作品です。題名にもあるようにまだ最終話を見ていませんので最後がどうなるかはわかりませんが、友情から生み出されたコンビネーションで最大の困難を乗り越える、的な終わり方(ベタベタだなぁ・・)を予想しています。
異種族間の対話⇒相互理解という見方も出来なくはないですが、そこまでの次元に昇華されてはいなく、あくまで個人的なつながりの上での限定的な理解にとどまるのではないかと思います。けどそれはそれでありだと思いますしここまでの作られ方からしてそれくらいのほうが違和感は無いように感じます。
(まあまだ最終話を見ていないので最終的にどうなるかわかりませんけどね。)

世間様の評価を見てみますとだいぶな萌えアニメのようですが私はこの絵柄ではいまいち萌えませんねぇ。むしろ必要以上に露出が多くて(特に、本編ではなく扉絵みたいなところ)気になります。そういう方向を目指すならもっと他にやり方があるだろうに・・・中途半端ですね。

☆2.5くらいかな。


雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

PS3

そういえば昨日はPS3の発売だったんですね。
ハードのCMは頻繁にやっていますけど、よくよく考えてみるとソフトは何が発売になっているのでしょうか・・・ローンチタイトルは5本らしいですが、私ひとつも知らないっていうのもどうなんでしょうかね。昨日のニュースでPS3を買った人はいったいどんなタイトルを買ったんでしょうか。

人並みに興味はあるものの巷で騒がれているほどの熱もないので、まずは何ができるのかというところで買う買わない(きっと買うんですけど)の判断をすることになると思います。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

戦闘妖精雪風 感想その1

全体的に絵が暗く、かつストーリに説明があまり無いので内容がよくわかりません(ぇー
いや実際問題、今2巻までしかみていないですけどわけがわかりません。前5巻中の2巻なのでそろそろ何かわかってきてもよさそうなものですが、わからないのは私が馬鹿だからでしょうか(ちがうと信じたい)。よって現時点で面白いかと言われると面白くないです。
戦闘機の描写はさすがGONZOといった感はあるものの、いかんせんストーリーがよくわからないため評価は下がらざるを得ないといったところでしょうか。

そして終始暗い雰囲気の中進んでいくのになぜかEDだけがやけに明るい・・・とても違和感がありますね。


うーんこれはいまいちなチョイスだったかな。タイトルはかっこいいんだけど。。。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。