感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Fate/stay night 感想その2

DVDの5巻まで進みました。15/24ということで、中の下の中というところでしょうか。(なんですかそれは?)

まずは一言、「デレになったツンに用は無い。」(爆)
セイバーと士郎が急接近です。弱ったセイバーの表情が既にやばめです。そんな頬を赤らめられたらもうどうすればいいんでしょうか(なにを? てか、最初は裸を見られてもなんとも無かったセイバーが、結合(こらっ)後に服の胸が広めに開いていただけで恥じらいの表情ですよ。これはどういうことですか!?か、かわいいじゃないですか。Σ( ̄ロ ̄lll) 
用が無いのは俺のほうでした。


そしてもう一つ、悲しいお知らせが。
アーチャーが昇天されました (つд`)
最後の最後までむかつくまでのかっこよさ。狙っているとはいえ、むかつきます(そっちか)
しかしあまりにもあっけない(一週で死んでしまった、と言う意味で)&話の進み具合からすると早いなぁという印象です。あの場面での凛の判断は人間としては間違っていないと思いますが、マスターとしては残念な結果です。が、まあそれは当初からわかっていたことですし、見るからに冷たい凛があの場面で文字通り冷たくセイバーを見殺しにして撤退し始めたらそれこそマジ引きです。それはツンツンです。うちの嫁さんもツンツンです。。。or2


はじめはどうしようもなく使えない駄目駄目キャラの士郎でしたが、徐々にその能力の謎が明らかになっていきます。凛の授業の成果か、木の枝を自分の思ったものに変化させることが出来るようになっています。にもかかわらず無力・・・ところが次回予告ではなんとセイバーの持っていた剣を実体化(?)しているじゃありませんか!
アーチャーの助言や、夢で見た剣の場面などから想像するに、想像したことを対価無しに実体化する能力でも持っていそうな感じですが、「そのもの」という台詞からすると、なにかもっとデカイもののような気もします。

ここまでなんだかんだ言って身内の犠牲は最小限にとどまっていましたが、アーチャーの消滅を皮切りにいよいよ(視聴する側としても)犠牲への覚悟が必要になってくる展開になってきました。どうなることやら。

余談ですが、桜が久しく登場していません。完全に無関係なキャラってことですかね。主人公とは他人でありながらあまりにも親しい立場のキャラということで私の当初の勝手な予想としては、舞Himeの詩帆のような「実は・・・」的な展開もありうるかと思ったんですが、すでに圏外に置かれているようですね。
そういう意味では藤ねぇも同じような立場ではありましたが、この争いには被害者ということで既に関わっているので彼女に関してはこれ以上のサプライズはおそらくないだろうと思います。

目が離せません。次のDVDが送られてくることを楽しみに待っています。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。