感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

蒼穹のファフナー第3話~第5話 感想

ちょっと間があいてしまいました。(おかげではじめから見直しています。)
全話個別感想はどうもつらそうなのである程度まとめて書いていこうと思っています。

早速本題に。
人類からも逃げている?どういうことだ?とおもったらあっさり見つかっちまいましたね。いや、話中ではだいぶ長い間隠れていたようですが。ファフナーのような巨人型の兵器は他にはないみたいですね。アーカディアンプロジェクトが進められていたのが竜宮島で、その島も何らかの目的・理由(敵(人類内も含め)からファフナーを隠すことでしょうか)で公の場から姿を消したと。

●地下の女の子(ワルキューレの岩戸?)
誰なんでしょうか。有体離脱しています。怖いよー。着ている服が何とかスーツに似ているような似てないような。4話で歌っているのもどうやら彼女っぽい。そして一騎が彼女と出会った(と言っていいのか)直後に移動システム作動。何かありますね。(当たり前か
アーカディアンプロジェクトの中核となるなにかなんでしょうが。ファフナーのメインとなるシステムの原型とか??周りの空間が総士のインターフェースと同じような感じだし。

●動く島
Σ( ̄□ ̄ll)
島動いたよ。マジかよ。浮いてんのか?微速ながら動いておりますがあのスピードでは果たして目的にまでどれだけの時間がかかるのでしょうか。

●人間関係諸々
祥子の一騎好きっぷりが若干痛いです。そしてそれを見ている春日井君がかわいそうで悲しいです。同情です。そして真矢も一騎のことが好きっぽいですね。ああモテモテ。羨ましい。

一騎君、子供だねぇ。というよりはあれだね、人類からも逃げているとかそういう状況をきちんと説明していないのかよ。なにしてんのさ親父殿。。まあ説明していたとしても同じ行動をとりそうな君ではありますが。

狩谷先生がどうにもあまり好きになれないです。で、ちょっといやらしい。いや変な意味ではなくてね(どんな意味よ?
あ、怪しいと言いたかったのさ。裏がありまくりって感じですね。あのとげとげしさはいったい・・・たぶんん他の人とは違うことを知っているような感じですね。

山の上で総士も一騎の気持ちに入りたいとか言っていましたが、彼はもーほーですか?(殴

「約束は一人だけのものじゃない。この時わかっていたのは・・」
と意味深な台詞で終わります。うーんどういう意味だろう。この物語で現時点で「約束」は一騎が出動するとき祥子と交わした約束だけですよね。あれがそんな大きな意味があるとは思えないんですが。


舞台装置はほぼ出揃ったところで今後は登場人物たちの関係性を深く突っ込んでいくのではないかと思っています。といってもここまで結構悲壮感漂う感じでどんどん進んでいるので、もしかしたら一方的にこのままイベントだけが進んでいくのかも。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。