感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

蒼穹のファフナー第二話 告知-いのち-

この題名は、いったいどっちが本当の題名なんだろう。次回予告で言っているからひらがなのほうかな。むむむわからず。

●OP
をを、ちゃんとオープニングあるんだね。無いのは一話目だけか。これを見れば一発でロボアニメだってことがわかったのにぃ・・いけず。結構格好良くまとまっていて好きです。ただ、あの歌がねぇ・・・angelaさんの中島みゆきをもっと潰した様な声がちょっと苦手。曲は良いんですがね。

●ファフナーマークエルフ発進!!
いやーいきなり戦闘ですねー。一話の冒頭はこの場面だったわけですね。予想に反してちゃんと戦っています。とはいっても前回話中で言っていたとおり丸腰では何もできず、同化(?)されそうになっています。ピンチ!とここで、指令自らレイルガンを射出、ファフナーはそれを使って使徒撃破と。そして親父戦死(はやっΣ(゜□゜;)

●もしもの話
指令代行があの作戦を立案したわけではないでしょうに・・・あれは親父さんが自分で指示したんじゃなかったんでしたっけ?真壁指令代行のせいにするのは筋違いってもんでしょうが。これ、もしや伏線?

●ED
あまりにも悲しげな絵です(つд`)こんな救いようの無い絵にしなくても・・・これからそういう物語が進んでいくのでしょうか。憂鬱なり。次回予告のリュック(こらっ)の声がいまいちなのにがっかり。。。


前回感想の予想通り今回は特にストーリーとしての大きな進展はありません。冒頭の戦闘は別として舞台装置の説明がメインの回だったように思います。
今回明らかになったのは、以下の点。
・日本は29年前に消えている。
・人類は何かと戦っている。
・島の大人は子供には黙って何かと戦っていた。
・敵の声「あなたはそこにいますか」に答えると人類が滅びる
・一騎は戦闘後染色体に変化が見られ、このまま行くとどうかなる。
・竜宮島は「たつみやじま」と読む(馬鹿です、自分

気になるのは敵の声にこたえると人類が滅びるという点。これは本当に滅びるのか、それとも何かの現象を比喩的に表現しているのか、個人的には後者だとは思うんですが、じゃあ何がどうなるかといわれれば現時点でわかるはずもなく。
一騎君が今後どうなるのかも気になりますね。
日本が無いということは、一番最初の総士はどこから帰ってきたのでしょうか。あれはどう見ても漁船のようでしたが。ま、そもそも竜宮島がどこに位置しているのかわからないですからねぇ。どっか大陸の近海にでもあるんでしょうか。ま、どうでもいいですけど。


●その他
春日井→羽佐間→真壁の片思い(たぶん)。春日井君結構かわいそう・・・

真壁親父、今夜は俺が作るって何を作るのかと思えばご飯炊いただけじゃん( ̄▽ ̄;)!!沢庵は最初からあったし。しかも米研いでない・・・(研いでない米ってどんな味がするんだろう??)このダメダメな父親は母親の写真を見て泣いています。おそらく染色体変化に関係があるのでしょう。死ぬ?ファフナーに同化しちゃう?そんなところかなという淡い予想。


まだ何も見えませんね。今の時点では面白いとも面白くないとも判じられませんがまあ見るのが耐え難いということも無いしゆくゆくは面白くなるとのことですのでもう暫く頑張って見てみます。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。