感想は観想に似たり 3rd

アニメ・ゲーム・ライトノベルなどの感想を、趣くままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SteinsGate

が面白くてしょうがないんですが。毎話こんなに楽しみな作品は本当に久しぶりです。


前半戦のオタ色前面のグダグダなところもそれはそれでよかったのですが、まゆしが殺されてタイムリープするあたりからの加速感・畳み掛け感に見事にはまっています。先週の、鈴羽の父親がダルだったことと、目的を達成する前に亡くなっていたというくだりは結構熱くなりました。個人的に、時間ものに弱いんですよね。こっちでは数時間後だけどもう一方には何十年もの時が流れてて、というシチュエーションにすぐ目頭が熱くなってしまいます。そういえばクロノトリガーのロボが何千年も畑を耕していたのに号泣してしまったものです(←これも神ゲーだと思っています)。


原作があるから先の予想とかしてもあまり意味がないのですが、ダイバージェンス1%の壁を越えるためにもうひとつふたつ大きいイベントがあるのでしょうね。楽しみ!


原作はかなりの神ゲーだってことですが、なるほど納得ですね。アニメ見てからでもゲームやったら楽しめるかな。XBOXもPSPもiPhoneも無いけど。windws版があるか。Android版出ないかな。
スポンサーサイト

テーマ:Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル:アニメ・コミック

感想 | コメント:2 | トラックバック:0 |

狼と香辛料 17巻(最終巻)感想

前の書き込みから一年近くもあいてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。こんなページを読んでくださる奇特な皆様はおそらく皆様というほどいらっしゃらないとは思いますが、日々暑いこの日本のなかで私はといえば節電にも負けずがんばって生きています。涼しいのは銀座の三越くらいです。


さて、今回の感想はついに最終巻を迎えた狼と香辛料です。

16巻を読み終えたときの宙ぶらり感といったらなかったのですが、最後の最後でちゃんと落とし前をつけてくれたという感じでしょうか。思えば私が連載当初から発売を待ちながら読み続けた作品というのは生方先生のシュピーゲルシリーズくらいのもので、しかも本作品が連載してきた5年間という月日は私が結婚してからの日数とも重なり、非常に感慨深いものがあります。

いつかの感想で、ロレンスとホロが結局どうなるかは最後まで描かれないのではないかと書いたことがありましたが、16巻で既に答えを出し、17巻で最後の締めをした、ということできちんと決着をつけていただいて、読んでいる方としてはとてもホッとしています。

この17巻の間幕の切り口はまた面白く、(「エネクって誰だっけ?」と最初は思いましたが)来るべき祝嵐を予想させるために女性陣サイドを冒頭に持ってきつつ、当事者ではないエネク目線で語るという手法は、ロレンスとホロの二人に係わった人々の誰もが欠かせない存在であり、かつそれぞれにそれぞれの人生の主役であるという、終幕につながる流れのなかで非常に効果的に機能しているように思います。しかし思い返してみれば結構な人数の女性が登場していましたね。見た目も性格もまったく異なる情勢が6人(ホロも入れれば7人)、改めて並べてみると壮観ですね。


ところで、二人の居城として最終的に湯屋を選ぶとはおもいませんでした。普通の商店を営むとばかり思っていたので、良い意味で裏切られたのと、ホロの存在を最大限に生かした商いとしてこれほどはまっているものも無いなと関心です。温泉を見つける流れなどは、もう反則ですよ。16巻のあとがきでニョッヒラを描けなかったのが心残りと書かれていましたが、ここでその思いを果たした、という感じですね。

そしてなんといっても、ついにというかやっとというか授かるものを授かったと。ロレンスにしてみてもホロにしてみても、絶対的な寿命の差というのはどうしようもないのだけれど、人の残したものは残っていき、残されたものは残されたものの物語がその後もずっと続いていくのだということの象徴でしたね。それは湯屋も同様です。タイトルでありながらとんとご無沙汰だった「狼と香辛料」。その物語と、湯屋の名前はここから始まるんだということで、さわやかに終了です。


今まで5年にわたりお疲れ様でした。次回作に期待しています。

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

感想 | コメント:1 | トラックバック:0 |

つばさキャット其の弐

つばさキャット其の弐=化物語TV版最終回をついいましたがた見ました(本当にいまさらですが)。
なんともにやけなHAPPY ENDでしたね。ゲンドウ氏は置いておくとして、ラストのEDに繋がる流れはかなりヤラレマス。。。


やっぱり化物語のヒロインはひたぎさんなんだなーと、改めて感じさせられました。


最後に一言。
好きな人と、星とか、見たいよね。
感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新劇場版ヱヴァンゲリヲン:破 感想

またもやいまさら感に溢れた本記事ですが、メモ書き程度の意味くらいはあろうかということでアップします。実は7/1に一人で見に行ってきました。公開された週に映画を見に行くなんて私のライフスタイルからすれば非常に稀有なことなんですが、エヴァっていうのはやはり我々の年代にとっては特別な意味を持っている作品なわけで、「序」を見に行かなかった分(というか「序」は劇場で見る価値がなかったというのが私の所感なんですが。結果論ですけど。)、今回こそは公開直後に見てやろうという意味不明な意気込みのもと、7/1(映画の日。大人1000円!)に見てきました。


幕張のシネプレックスは水曜日ということもあり、かなりサラリーマン姿も多く、エヴァという作品がいかに多くの大人(今はね)に影響を与えたか、ということを垣間見ることが出来ました。私は前日にど真ん中の席を予約していたので悠々と入場できましたが、映画の日ということもあり劇場自体は案の定満席でした。


さて無駄な前置きはこれくらいにして、本編の感想に入りましょうか。といってもあまりネタばれするのもあれなんで、個人的に感じたポイントだけ。


最初に言っておきますが、これ、ちょー面白いです。なんかものすごく盛りだくさんであっという間に過ぎ去って行った感があるので感想をまとめようにも記憶の整理が全くつかないのですが、とにかくエヴァが動きまくる!ロボットアクションとしてのエンターテイメント性を遺憾なく発揮しております。この点だけでも私は劇場版で見る価値があると思いますね。特にサハクイエル迎撃のシーンの各機全力疾走&初号機の足場構築のシーンはマジで熱い!


また「序」のときもそうでしたが、今回の新劇場版は使途に対するCGの使い方がものすごくうまいと思います(序のラミエルはやばいっ!)。アスカ登場時にあっさりと倒される第7使途にしても、極端に無機的なデザインが使途の得体の知れない感をうまく表現していると思います。



今作のポイントはやはりアスカの登場と、新キャラの登場ですね。
冒頭からこの二人の独壇場といっても過言ではない(二人だから独壇場はおかしいか。。)構成となっております。
真希波さんはやたら戦闘向きな性格をされているようで、しょっぱなから見たこともないエヴァに乗ってガチでバトって大爆発です。いやぁいきなり度肝を抜いてくれます。今までのエヴァにはないキャラクターですね。ちょっと反感を覚えるほどに。。。


アスカはともかく、綾波を交えてなんかずいぶんとラブコメ色が強いなぁと思っていたら、なんと3号機にはトウジではなくアスカが!そして!!    Q!!!(これ以上は何も言いません。見てください)


初登場の真希波、アスカは惣流ではなく式波、そして綾波と、女性搭乗者を「波」にそろえてきたのは、アニメ版とは違った生い立ち(造られた(?)経緯)を予感させます。



劇場公開もそろそろ終わりかけているところもあるようなので、未見の方、特に「序」を見て後悔して劇場では見ないと心に決めたあなた、ぜひとも劇場にて視聴することをお勧めします。

テーマ:エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック

感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アニメ 戦場のヴァルキュリア 感想

ストーリーといい作画といい音楽といい、原作ゲームの雰囲気を忠実に再現出来ていると思います。とくに音楽はゲームと全く同じものが使われていて、雰囲気醸成に一役も二役もかっています。ちなみにFF12と同じ作曲家さんなので、ゲームの時もそうでしたが音楽だけ聴いているとFFなのかヴァルキュリアなのかわからなくなるときがままありますw


このアニメは原作を知らない人でも楽しめるように仕上がってると思いますが、知っていればより楽しめますね。第一期で主要登場人物はおおかた登場し終わり、二期に入り微妙に原作とは異なる(というよりはより細かい?)描写が目立つようになりました。特にアリシアとウェルキンの恋路未満のまえにファルディオが立ちはだかっているところなど、原作には明確に描かれていなかった部分だけれども実際にはあってもおかしくなさそうな関係ですね。矛盾しないように掘り下げるというところが、結構うまく作用している作品です。そういうところで脚本がとても秀逸だなと感じます。


原作を知っている作品を見る場合、ともすると登場人物の心情や行動の動機などを描ききれていないと感じること(=原作知らない人がわかるのか??と思うこと)が非常に多いのですが、この作品はそういう点でフラストレーションを感じることはほとんどないです。


今までは割とライトな感じでしたが、この後はだんだん戦争も佳境に入ってきてシビアな場面なども出てくるはずです。その辺りをどのように表現していくか、そしてアニメ版として最終的にどういうラストを持ってくるのか、というところに注目して視聴したいと思います。


面白い作品です。☆4つ


P.S
7月に入りオープニングが変わりましたね。途中で出てくるセルベリアが鬼強すぎなんですが。ガリアが勝てる要素が見当たりませんorz
感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。